屋根葺き材や外壁材などに使います。

鋼板にメッキを施したものですが耐久性があるのとコストが安いので使用しています。

屋根材としては写真のような葺き方を多く使いますが屋根としての性能も良い材料です。


家全体の断熱性能を考えると開口部が弱点になるのは常識になっています。ですので開口部の断熱性能を一段上げることがとても重要です。

最近はコストのことも考慮して写真のような樹脂製サッシを使っています。

断熱性能は住宅において基本なのでおろそかにはできません。

・むくの床板


むくの床板をこだわって使っています。なるべく柔らかい樹種が好みです。なんといっても踏んだ感じ、肌触りがよいからです。

むくの床板を使うと部屋の印象も柔らかく感じられて気持ちが休まります。

床暖房をする時もむく板を使います。両方とも大切な要素なのでなかなか外せないものです。

(写真は杉フローリングです)

◉ からだに優しい自然素材、よく使う材料

・いぶし敷瓦


淡路産の敷瓦です。土の優しい感じがあり、きめの細かい仕上がり具合が気に入っています。

風合いが変化していくのも良く、10年後くらいのイメージを想像して採用しています。

・和紙


和紙でつくった壁紙を壁、天井に張っています。

手触りがとても良く汚れもあまり気になりません

今まで白っぽい色のものを多く使っていますが、これを張ると和風の家になるというわけでなく、柔らかい雰囲気の空間になります。

質感が良い感じなので和洋のどちらのインテリアにもしっくりとなじみます。

壁紙からはビニールクロスのように化学物質は揮発しません。

・国産のむく構造材 


柱や梁の構造材はなるべく国産の無垢材を使いたいと考えています。

材料の乾燥状況はたいへん大切です。

切りっ放しの木材は建物を建てた後に乾燥して捻れや収縮、割れが発生しますので建物を痛める原因にもなります。

どこの材料でも良い訳ではなく慎重に選びたいものです。

・むくの大テーブル


これは松の一枚板のテーブルです。

大きさは長さ1800ミリ、幅850ミリ。

大きなテーブルは家の中で求心力があります。家族が別々に違うことができる広さがあるので、自然とみんながここに集まってくるのです。もちろん食事をするのも、ここです。

・壁紙


和紙の他、壁紙もよく使います。

左の写真はオガファーザーというドイツの材料です。本来はこの上から塗装で仕上げるものですが風合いがよいのでそのまま無塗装で使っています。触り心地が柔らかで気に入っています。

もし汚れてきたら本来塗装仕上げのものなので数回塗ることができます。

なかなか長持ちで味のある材料です。

・漆喰


漆喰、珪藻土などもよく使います。

これも触り心地が良いということと空間に落ち着きを与えてくれる材料だと思います。

機能的にも調湿をしてくれますので快適な暮らしの補助をしてくれる材料です。

・カラーモルタル


土間をつくる時などの床材としてよく使います。

なんといっても安い材料ですし、あまり主張しすぎないところが気に入っています。

モルタルに色粉を混ぜただけものですが安っぽくならなずにそれなりに良い仕上がりになります。

家が建つまで
jiaga_jiantsumade.htmlhttp://www.yahoo.co.jp/jiaga_jiantsumade.htmlshapeimage_10_link_0shapeimage_10_link_1
ブログ

http://matumitu.exblog.jp/http://matumitu.exblog.jp/shapeimage_11_link_0
リンク
rinku.htmlrinku.htmlshapeimage_12_link_0
プロフィールpurofiru.htmlpurofiru.htmlshapeimage_13_link_0
実例紹介shi_li_shao_jie.htmlshi_li_shao_jie.htmlshapeimage_14_link_0
住まいのことzhumainokotoiroiro/zhumainokotoiroiro.htmlzhumainokotoiroiro/zhumainokotoiroiro.htmlshapeimage_15_link_0
住まいの考え方zhumaidzukurino_kaoe_fang.htmlzhumaidzukurino_kaoe_fang.htmlshapeimage_16_link_0
松田建築設計事務所index.html.html
ホームindex.html.htmlindex.html.htmlshapeimage_18_link_0

・セルローズファイバー(断熱材)


断熱材はセルローズファイバーを使うことが多いです。断熱の基本であるすき間なく施工ができることが最大の特徴です。天井、壁、床に施工。

調湿性能に優れているので壁などの仕上げ材を透湿のものを選んで建物を包む大きな調湿材料としても利用しています。

吸音性も良くて外の騒音に悩まされないで暮らすことができます。(写真は床下の施工中)

・Jパネル


国産杉の3層パネルです。

左の写真は建具としてそのままパネルを使用しています。その他床材として直接梁に打ち付けると水平力に耐える強固な床が出来上がります。

合板と違い無垢板に近い感じなので風合いや素材感が良い感じです。

それでいてパネルとして構造材としても使える便利な材料です。

・木製玄関ドア


住宅の顔となる玄関には木製のちゃんとしたものを取り付けたいと考えています。

建売住宅などにはアルミ製玄関ドアが付いているのを多く見かけますがほとんど木目調でニセ木製ドアになっています。玄関には本物の素材をつけたいですね。そのためには長く持たせるために最低限の庇で雨や日射を遮ることが必要になってきます。

・樹脂製サッシ

・カラーガルバリウム鋼板


敷地の外周を囲ったり、リビングからみる庭の景色をつくる時に木製フェンスを使います。

庭を木製フェンスで囲うとそこで視線が止まってくれますので、お隣の景色にとらわれずに自分のこだわりの庭を思う存分眺めながらくつろぐことができます。

ちょっとのことですが囲いで景色を調整することによってくつろぎの気分が違ってきます。

・木製フェンス