補助的な目的で使用することがあります。

建物の揺れを抑えてくれる役目を持っています。

・木組みの家 


木と木をがっしりと組み合わせて骨組みを形成した構造としています。

これは日本の大工職人が伝えてきた工法で、長年の知恵と工夫と経験がもとになっています。ですから長寿命で地震や風に対しても粘り強く耐えてくれます。

なるべく柱や梁などはおもてに見せる形で使った方が木の呼吸にも良いですし、将来のメインテナンスにも有利です。

木組みの家をつくることによって木の家本来の良さがわかり、日本の大工職人の技術も取り戻すことができます。そして耐久性、耐震性に優れた家が多くなることによって社会的価値まで向上することになります。

◉ 安心の構造システム

・住宅の構造システム


1.基礎

基礎はベタ基礎としています。

基礎がスラブで一体化しているので耐震的にもかなり有利になりますし、地盤からの湿気からも木造の躯体を守ってくれます。


写真はコンクリート打設時です。屋内の配管類はメンテナンスし易いようにスラブの上に配します。したがってスラブが地盤より低くなるので、立ち上がりとスラブを一体打ちとして雨水が侵入しないように考えています。


2.軸組

木組みの構造です。

間取りと一緒に柱梁の組み方も考えていきます。

構造材の刻み加工の時から柱梁の接合部の方法や継手の方法、納まりなど工事全体を視野に入れながら打ち合わせを積み重ねていきます。


3.耐力壁

上の写真は筋交いをたすきがけで施工しています。

45×90の材料を筋交い用金物で取り付けています。

抜け節などがあれば強度が下がってしまいますのでこれもチェックが必要です。


4.床(水平構面)

2階の床にも24ミリの構造用合板を貼ります。

ここもN50釘を150ピッチで打っています。

水平耐力を受け持つ重要な構造材になります。

床倍率は3倍です。

地震の時に特に引抜きの力がかかるところにはホールダウン金物を取り付けます。これも取り付け方が良くないと地震の時に何の役にも立ちませんからしっかりとしたチェックが必要です。

構造用合板よりも強度の強いダイライトを使っています。

N50釘四方を100ピッチ、200ピッチで固定します。釘の打ち方によって強度が落ちる場合があるので慎重なチェックが必要です。


5.屋根

屋根にも構造用合板を貼っています。

ここもN50釘を150ピッチで打っています。

水平耐力を受け持つ構造材になります。

松田建築設計事務所 〒244-0803 横浜市戸塚区平戸町176番地 TEL045-826-5762
松田建築設計事務所index.html.html
家が建つまで
jiaga_jiantsumade.htmlhttp://www.yahoo.co.jp/jiaga_jiantsumade.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1
ブログ

http://matumitu.exblog.jp/http://matumitu.exblog.jp/shapeimage_7_link_0
リンク
rinku.htmlrinku.htmlshapeimage_8_link_0
プロフィールpurofiru.htmlpurofiru.htmlshapeimage_9_link_0
実例紹介shi_li_shao_jie.htmlshi_li_shao_jie.htmlshapeimage_10_link_0
住まいのことzhumainokotoiroiro/zhumainokotoiroiro.htmlzhumainokotoiroiro/zhumainokotoiroiro.htmlshapeimage_11_link_0
ホームindex.html.htmlindex.html.htmlshapeimage_12_link_0
住まいの考え方zhumaidzukurino_kaoe_fang.htmlzhumaidzukurino_kaoe_fang.htmlshapeimage_13_link_0

こちらの床は厚さ36ミリのJパネルを貼って水平構面をつくっています。

ネダノットというビスを使うことにより床倍率は3.8倍に上がります。

梁を意匠的に現すところは強度は落とさずになるべく金物を見せないようにします。

写真は下から見ると金物は何も見えなくなります。


6.制振金物


家を支える大切な構造システムは建物全体の構造計算を行うことによって力の流れを明確にして、それに適合した樹種や断面、接合方法を決定するプロセスとしています。


一般的には2階建て以下の木造住宅は構造計算を元にした設計はあまり行われず、確認申請に提出する壁量算定程度の計算と現場での勘を頼りにした梁組によってつくられています。大手ハウスメーカーで構造計算をしている会社もありますが少数です。

これは法令で義務づけがされていないことが一番の大きな理由ですが、これによって様々な問題が起こっていることも事実です。(木造3階建は義務づけあり)

本来、義務づけがされていなくても設計によって安全性をしっかり確かめることは大変重要なことです。


構造計算により安全性が担保され、適材適所に建材を配置することができれば無駄を省くことも可能になり、安く安全な家が手に入ることになります。